バナナの肥料

バナナの肥料

バナナの成長は驚くよりも早いです。
これだけ早く成長するためには、
たくさんの肥料が必要になります。
バナナを大きく成長させるためには
たくさんの肥料を追肥していく必要が有ります。

私も初めてのバナナ栽培なので
バナナに使う肥料は何が良いのかは
経験が無いのでよくはわかりません。
私のこだわりなども入っていますが
私が使っている肥料を紹介しておきます。

有機肥料を追肥

私個人としては、
なるべく有機栽培で
バナナを育てたいと思っています。
家庭菜園をしているので
自ら米ぬかと油かすは原料にした
ぼかし肥料なども
作って使っています。
有機肥料を使って
有機栽培をしているので
バナナの栽培で使う肥料としても
なるべく有機肥料を使いたい、
使うようにしています。
有機肥料はゆっくりと効くので
バナナの鉢に置き肥として
使うには悪くない肥料だと思います。

私みたいに有機栽培に対する
こだわりが無い場合は、
化成肥料を使えばいいと思います。
化成肥料を使って栽培しても
肥料の量などを間違えなければ
問題は無いと思います。
無理に有機栽培で
有機肥料を使ううよりは
化成肥料を使って栽培する方が
簡単に確実に
栽培できるのでは?
と思う事も有ります。

液肥

バナナ栽培をしている場所では
家庭菜園をしているので
家庭菜園で液肥を作る時に
いっしょにバナナにも
液肥を与えています。
使っている液肥は、
窒素・リン酸・カリウムが
バランスよく配合されています。
即効性は有りますが、
持続性が有りません。
成長が早い時期には
一週間に一度くらい
水やりついでいに使っています。

バットグアノ

これも家庭菜園で
使っているので追肥に使っています。
一か月に一度程度
追肥しています。
バットグアノはリン酸が多い肥料なので、
窒素とカリウムが
不足するような気がします。
バナナの肥料としては
チョイスが悪いように思います。

発酵済み油かす

今までに紹介した肥料の中では
この発酵済み油かすが
私の肥料に対しての考えに
一番合っているように思います。
これで基本の追肥をして
足りないようなら液肥で
調整をするのが
私のやり方では肥料の量を
調整しやすいのではと思います。
粉末状のタイプと
粒状タイプが有りますが
私は粉末状のものよりも
粒状の方が扱いやすいと思います。
サイズもバナナは肥料をよく使うので
大きめの袋の方が
良いようには思います。
私はバナナ栽培以外に
プランター栽培でも
同じ発酵済みの油かす肥料を
使っているので大きいサイズを
購入しています。

発酵済みの油かすと
液肥の中の肥料分は
有機肥料だけではないと思うので
有機栽培を目指す私としては
そこだけが気になります。
そのうち有機肥料だけで
栽培が出来るように
頑張りたいと思います。

油かすは未発酵の油かすも有りますが、
未発酵の油かすは、
発酵して初めて
肥料としての効果がでます。
発酵するまで時間がかかるのと、
発酵する時にガスや熱が出て
バナナを痛める事も有ります。
また発酵する時には臭いもでます。
周りが民家などの場合、
この臭いが元でトラブルが起きるかも
しれないので未発酵の
油かすはお勧めしません。
私も隣が民家と飲食店なので
この未発酵の油かすは
プランター栽培では一切使っていません。

© 2021 バナナの栽培始めました